So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今日の「学ばナイト」 [特別支援教育]

今日の「ステキな教師になりたい人のための学ばナイト」。テーマは「インクルーシブ教育時代の動機付け」。講師は静岡大学の伊田勝憲先生でした。伊田先生にはファンも多いので、いつもは来ないベテランのみなさんも顔を出してくれて、にぎやかな会になりました。
お話の内容は、う~ん、若手にはちょっと難しかったかなぁ・・・。でも、考えさせられるお話だったと思います。今回初めて参加された人もいるので、この次も参加してくれたらうれしいなぁと思います。
あ、夕食のメニューは、豚肉と白菜の豆乳味噌鍋でした。
0215学ばナイト2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

新しいチラシができました [小中一貫]

しばらく滞っていました「学校統廃合と小中一貫教育を考えるシリーズ№5」の原稿ができました。今月中には新聞折り込みにしたいと思います。
page003.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

今夜の「学ばナイト」 [火曜講座]

今夜の「学ばナイト」は「市教組版EnglishCafe~ALTと話そう」でした。
静岡市内で働くALTが市教組会館に来てくれて、静岡市の英語教育についてや、日本とアメリカの文化の違い、語学教育の違いなど、にぎやかな会になりました。
日本人だけの学習会よりも途切れなく討論が続き、司会がいらないほど。参加者の中に「会話に加わろう!」という意欲が大きいのかもしれません。決してEnglish only じゃないんですけど、日本語と英語がごちゃ混ぜに響き合う空間というのも、ちょっとおもしろいです。
印象に残ったのは、参加者からの「日本でずっとALTとして働きたいですか?」という質問への答え。
全員じゃないけど、何人かから「思わない。どうしてかと言うと、日本でのALTの仕事は何年続けてもキャリアアップしないから。いつまでたっても日本人教師のアシスタントしかできない。アメリカだったら海外での経験が高く評価され、就職でも有利になる。だから、いつまでも日本でいるよりも、アメリカに帰って再就職したほうがいいと思うALTは多いと思う。」という答えが返ってきました。
なるほどな、と思いました。日本政府の募集広告や面接試験なども、「何年か日本で経験してみませんか?」「日本の英語教育を手伝ってくれませんか?」といった軽い感じだそうです。むしろ、自国で教員の経験があったり教育に対する意欲が強い人は「使い勝手が悪い」として不合格になるケースが多い、という情報が広がっているとか。
つまり、日本政府自身がALTをただのお手伝いとしてしか見ていないということ。でも、労働者なら誰でも自分の仕事を認めてもらいたい、経験を評価してもらいたいと思うもの。それなのに日本政府や教育委員会は、ALTをただのお手伝い、性能の良い教具の一つくらいにしか思っていない。それでは永く続けようと思わないのも当然です。
せっかく外国から来てもらっているのだから、もっとALTを大切にして、ALTのみなさんの意見も取り入れながら静岡市の英語教育を作っていかなければもったいないと思います。そのためには日本人教師とALTのコミュニケーションをもっと深めることが必要。市教組はこれからもALTのみなさんとの意見交換の場をつくっていきます。組合員のみなさんはもちろん、組合員でない方もぜひご参加ください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

機関誌『オレンジはくぼく』新年号巻頭(委員長あいさつ)から [みなさんへ]

2019年 新年のご挨拶
     委員長  長澤 裕

 2018年を表す漢字一文字に選ばれたのは「災」という字でした。昨年は6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、9月の北海道胆振東部地震や2つの大型台風、そして「災害級」と言われた夏の猛暑。私も「静岡市子ども平和の旅」で8月に広島へ行き、あちらこちらに残る爪痕を目の当たりにし、改めて災害の恐ろしさを感じると同時に、そこで懸命に働くボランティアの人々の姿に感動もしました。
 しかし、現在の日本にとっての最も大きな災害は、日本を戦争をする国に後戻りさせようとし、外国の巨大企業に国土も国民も子どもたちの未来をも売り渡そうとする戦後最悪の人間が政権を握っていることでしょう。
 秋の臨時国会では、漁協の許可なく自由に漁ができる漁業法改正、水道事業を民間に委託する水道法改正、外国から激安の労働力を輸入できる入管難民法改正などを、はじめに日程ありきの強引さで成立させました。これで喜んでいるのは巨大な多国籍企業です。先に強行した種子法改正や森林法改正なども同じで、このままだと私たちの食料も水も、すべて外国企業に支配されるようになってしまいます。
 安倍首相は昨年8月、2019年7月の参議院選挙までに憲法改正の国会発議をめざすとしていました。しかし、秋の臨時国会では憲法審査会を事実上開くことができず、今年の通常国会での発議は難しくなっています。これは、憲法9条を守ろうとする国民の粘り強い闘いの成果ですが、安倍首相は決してあきらめたわけではありません。5月の新天皇即位などを最大限に利用して、憲法改正を強引に押し進めようとしてくるでしょう。
 静岡型小中一貫教育や新指導要領の全面実施、会計年度任用職員制度導入、変形時間労働制導入など、学校をめぐる課題も差し迫ったものがたくさんあります。この激動の時代を、教員として、大人として、どのように生き、子どもたちにどんな社会を残すのか?日々の忙しさに逃げてしまわず、無力だと言い訳せず、真剣に向き合っていかなければならないときだと思います。私一人では何もできませんが、市教組のみなさんと助け合いながらならがんばれます。また、市教組の力だけでは足りないかもしれませんが、市教組を応援してくれている教員のみなさん、保護者のみなさん、市民のみなさんと力を合わせれば、静岡市を変えていくことができると信じています。
今年もみなさんと一緒に、子どもたちのため、職場の仲間のために、できることを精一杯やっていこうと思います。今年もよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「ほっとかん」のお餅つき [子育て]

元市教組組合員のみなさんが始めた塾に通えない子どもたちのための放課後学習支援「ほっとかん」のお餅つきがありました。
施設を貸してくれている田町診療所のみなさんや近所の子どもたち、田町診療所のデイケア施設にボランティアに来ていた高校生も加わって、にぎやかな催しになりました。
1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

市議会で訴えてきました。 [教育全国署名]

今日、静岡市議会で、先日提出した全国教育署名「子どもたちにゆきとどいた教育を求める請願」についての趣旨説明をしてきました。

今日の発言原稿です。

・・・・・・・・・・・・・・・
おはようございます。市内葵区在住の長澤裕といいます。本日は、貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。いただいた時間は5分ということですので、請願項目のうち1点に絞って説明をさせていただきたいと思います。
請願項目1の(6)、「必要な教職員は、すべて正規で雇ってください」についてです。
議員のみなさんは、『教育に穴があく』というフレーズをお聞きになったことがありますか?
今から10年前、2008年にNHKの「クローズアップ現代」という番組で使われたフレーズです。
どういうことかと言いますと、正規教員が産・育休や病休などで休んだとき、代わりの教員、代替教員が見つからない、という事態を指しています。代わりの教員が見つからず、何週間、何ヶ月、ひどいときには年度末まで、いろんな教員が入れ替わり立ち替わり授業をしたり、プリント学習が続いたり、ということが起こっています。
NHKがこの問題を取り上げてから10年がたちましたが、事態はますます深刻となっています。先日、教育委員会に問い合わせたところ、今年度4月から9月末までで、1ヶ月以上代替教員が見つからなかった事例が、小学校で13件、中学校で10件ということでした。小学校では8校に1校、中学校では実に4校に1校の割合で、こうした事態が起こっています。子どもたちの教育を受ける権利が保障されていない、と言っていいと思います。
もう少し具体的に紹介します。
駿河区のある小学校では、4月末に学級担任が学校に来られなくなり、そのまま退職しました。代替教員が来なかったので、担任外だった教員が担任となり、その教員が専科で受け持っていた授業はそれぞれの学級担任が受け持つことになりました。5月末、また別の担任が精神疾患で病休に入りました。この時点で一人、代替教員が見つかったのですが、喜んできてくれたわけではなく、しぶしぶ、週10時間までなら引き受けてもよい、という人でした。それではとても学校が回らないので頼み込んで16時間に増やしてもらいましたが、教頭や教務主任も毎日3~4時間の授業を持ち、高学年の担任は毎日空き時間なしになりました。
これで終わるかと思いきや、今度はまた別の担任が突発性のめまいで毎週のように休むようになりました。代わりに入る教員が残っていないので、その日はいつも自習です。
深刻なのは、代替教員が来ないために、病休のドミノ倒しが起こっていることです。こんな状態で、子どもたちに十分な教育を保障できるでしょうか。もう一度言います。これは、教員の働き方改革ではなく、子どもに学ぶ権利を十分に保障できるかどうかの問題で、何をさておいても緊急に改善しなければならない問題です。
では、どうしてこのようなことが起こるのか。
一つは教職員の多忙です。教育委員会は校務支援システムによって勤務時間を短縮できると言いますが、はっきり言って焼け石に水です。そんなことでは月100時間以上の超過勤務は解消されません。
そしてもう一つは臨時教員の多さです。市内で働いている臨時教員は200人近く。その中には、定数内の臨時教員もいます。いわゆる定数法で定められた教員数の中にありながら、臨時的任用されている教員です。
さらに、その臨時教員の待遇の低さです。正規教員と同じ仕事をしながら、給料は安く、休暇も少なく、退職金もありません。翌年の任用の保障もないので、不満があっても口には出さず、どんな過酷な状況でも一生懸命に働いています。
ある中学校の出退勤記録を見ましたら、長時間労働トップ3は臨時教員でした。そんな状況ですから、早くに辞めてしまう人も少なくありません。
一方、教員志望者や教員免許保有者は減少していますから、当然、臨時教員を志望する人も減り、校長が昔の伝で退職者を探し出し、頼み込んで来てもらっているのが現状です。
問題の解決策は一つしかありません。正規教員を増やすことです。
正規教員を増やせない大きな要因が、国の施策であることは重々承知しています。ですから私たちは同じ請願を国にも行っていますし、他にもいろいろな方法で国に働きかけをしています。
しかし、文科省が40人学級を頑として変えようとしなかった平成13年、秋田県が独自予算を使って少人数学級を始めたのを皮切りに、全国の自治体が少人数学級の取り組みを始めました。その結果、文科省も30年ぶりに学級定数を見直し、小1の35人学級が実現しました。このように、地方自治体の具体的な努力が国を動かす力になります。ぜひ、この静岡市から、必要な教員はすべて正規で、という大きな波をつくっていただきたいとお願いして、説明を終わります。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・
与えられた時間がたったの5分。十分に言い尽くせたとは思えませんが、現場の様子を少しは伝えられたかなと思います。
その後、請願の採択についての審議と採決がありました。
賛成してくれたのは共産党ともう一つの会派(すみません、名前が聞き取れませんでした。)。
反対多数で否決されました。
しかし、反対した会派の意見を聞くと、みんな、内容には賛成、でも請願は不採択、というなんだかよくわからない話。理由と結論が合っていない。でもそれは、いろいろな政治的思惑で反対はするけれど、請願の内容そのものを否定することはできない、ということなのでしょう。
結論は反対でも請願の内容には賛成と言ってくれた議員さんたちが、今後どのような働きをしてくれるか、よく見ていきたいと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

市教組平和フィールドワーク2018 [平和]

12月1~2日、市教組の仲間たちで平和フィールドワークに行ってきました。

<旧陸軍登戸研究所資料館>
明治大学生田キャンパス内にある、生物兵器や毒薬、風船爆弾、偽造貨幣、様々なスパイ用具などの研究を行っていた陸軍の研究所です。ここの元研究員が関わったのではないかと疑われている帝国銀行事件の特別展示がされていました。
1544015493427.jpg
1544015521284.jpg
1544015631272.jpg
1544015538957.jpg

<新宿末廣亭>
夜は新宿末廣亭で寄席を楽しみました。寄席初体験の人も多く、好評でした。
1544015554387.jpg

<Wam女たちの戦争と平和資料館>
1544015568690.jpg

<いわさきちひろ美術館東京>
1544015599774.jpg
1544015608090.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

学校教育課主催「静岡型小中一貫教育市民フォーラム」に参加してください! [小中一貫]

静岡市教育委員会学校総務課主催の「静岡型小中一貫教育市民フォーラム」のポスターが学校に配られました。市役所やその出先機関にも貼られるそうです。静岡市教育委員会のホームページからもダウンロードできます。

12月14日(金)13:00~16:30
グランシップ12階会議室ホール「風」
定員100名(先着順)

参加申し込み方法は
静岡市コールセンター 054-200-4894 に電話で申し込み
受付は年中無休で8~20時です。

当初は一般市民の参加ではなく学校関係者のみ(それも各校3名まで)を対象としていましたが、「静岡型小中一貫教育を考える市民ネットワーク」事務局の長澤(市教組委員長)が学校総務課に電話をして、「市民フォーラムと言いながら一般市民を対象にしないなんて看板に偽りありではないか。」と抗議したところ、一般市民の参加を募集することになりました。
平日昼間なので、働いている人には参加が難しいと思いますが、条件の許す方にはぜひ参加していただきたいと思います。
「どうせ市民は大して関心も持ってないだろうから、市民の声を聞いたふりだけして、自分たちだけで勝手にどんどん進めちゃえ!」と思っているような姿勢が見え隠れする教育委員会に、「そんなことないぞ!市民はちゃんと見てるぞ!」とアピールする必要があります。ご協力をお願いします。
市民フォーラムポスター2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

市教組の目玉企画です! [行事案内]

もう一つイベントのご案内。
今度は市教組の目玉企画です。
page003.jpg
好評につき、締め切りは厳守でお願いします。11月15日(木)までです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

静岡県青年教職員秋の交流会 [集会・学習会のご案内]

page002.jpg
組合に入っていない人でも大歓迎です。ぜひご参加ください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -