So-net無料ブログ作成
人事異動関連 ブログトップ

納得と了解の人事異動を! [人事異動関連]

2013年度末の人事異動に関わって、次のような要求書を
市教委に送り、折衝を行っています。
極めて当たり前の要求です。
市教委と校長の、誠意ある対応を求められます。


2013年度末人事異動に関する要求書

 貴職におかれましては、日頃静岡市の教育の発展・向上のためにご尽力されていることに敬意を表します。
 さて、私たちはこれまでも「人事は教職員の生活権と子どもたちの学習権の保障に関わる重大な問題」と位置づけ、異動に際しては教職員の身分の尊重および待遇の適正化について十分に配慮するよう要求してきました。
 また人事異動は「教職員の勤務条件の変更」であることも言うまでもありません。貴職が公表された『教職員の長時間勤務』調査でも明らかなような多忙な勤務の中で、通勤条件の緩和などよりゆとりをもって勤務できるよう、従前以上に「希望と納得」が尊重されることを要求するものです。
 ゆきとどいた教育の保障、民主的で活力ある職場づくり及びCEART勧告尊重の立場に立ち、人事異動に関わる問題について、組合と誠意ある交渉を行い、その合意に達した事項によって公正で明朗な人事異動を行うよう強く要求します。
 



1.長時間・過密な労働の実態を踏まえ、ゆとりを持って教育ができるよう増員・加配を含めて適正な人事配置を行うこと。

2.職場の年齢構成のバランスに配慮すること。

3.「定数内講師」を置かず、正規教員を配置すること。

4.本人の意思を尊重した、納得・合意に基づいた公正かつ民主的な人事を行うこと。強制的かつ機械的な人事や差別的人事は一切行わないこと。

5.最低でも6年は同一校勤務を保障すること。

6.新規採用からの10年間に3校という形式的な異動はやめること。

7.校長への「個人希望調査」提出については、十分な考慮期間が保たれるように指導すること。また市教委の人事日程についてもその旨考慮して設定すること。

8.臨時教職員の任用についても、正規教職員と同じ日程で進めること。

9.希望校を「3区にまたがって書く」などの強制はさせないこと。

10.留任希望者を転任対象としたり、転任希望者を留任対象とする場合は、1月中に本人に意向を打診し、「希望と納得」の人事となるようにすること。

11.長距離・長時間の通勤とならぬよう通勤条件に十分配慮すること。

12.妊娠中、産休中、育休中の教職員に対する人事は、母体保護最優先等の配慮をすること。不妊治療中の教職員や育児短時間勤務希望者等への配慮もすること。

13.保育園への送迎など子育てに関わる教職員や、家族の看護・介護などが必要な教職員については、状況や意向を十分に把握し、無理のない勤務を保障すること。

14.通院加療中または再発しやすい病歴のある教職員についてはその便宜を最優先すること。

15.地教委間異動・県立学校への異動・「北上」等については、希望を第一とし、確実に本人の同意を得ること。家族別居・遠距離通勤等、結果的に人権無視、労働基準法・育児介護休業法違反、生活破壊につながる人事は行わないこと。

16.幼稚園への異動はやめること。

17.小学校・中学校への校種間異動についても、本人の希望を第一とし、確実に本人の同意を得ること。

18.本人より最終勤務校の申し出があった場合は、希望を最優先すること。

19.法の趣旨にそって定年までの勤務を保障し、組織的・計画的な退職勧奨は行わないこと。

20.県教委が行っている「希望表明制度」は、再び導入しないこと。

21.異動の有無を2月中旬までに本人に知らせること。今まで以上に内示を早める努力をすること。問題が生じた場合は、誠意ある対応をとること。

22.事務職員・養護教諭・栄養職員の人事については、静西教育事務所と緊密な連絡を取り進行状況を把握し、押し詰まってからの希望外人事とならないようにすること。

23.教務主任を前提とした人事異動は、直ちにやめること。

24.複数校兼務、複数校への初任者指導などはやめること。

25.副校長、主幹教諭の設置をやめること。

26.CEART勧告を尊重し、組合と誠意をもって協議すること。
     
以上
nice!(0)  コメント(1) 

2010年度末人事異動要求書を市教委へ [人事異動関連]

2010年度末人事異動について 市教委教育長 髙木 雅宏 様宛に要求書を送りました。
10.9.26富士山.JPG

2010年度末人事異動に関する要求書
(前  略)
 さて、私たちはこれまでも「人事は教職員の生活権と子どもたちの学習権の保障に関わる重大な問題」と位置づけ、異動に際しては教職員の身分の尊重および待遇の適正化について十分に配慮するよう要求してきました。

 また人事異動は「教職員の勤務条件の変更」であることも言うまでもありません。市教委実施の「勤務状況調査」や、「勤務時間の適正化」通知が明らかにしたような多忙な勤務の中で、通勤条件の緩和などよりゆとりをもって勤務できるよう、従前以上に「希望と納得」が尊重されることを要求するものです。

 ゆきとどいた教育の保障、民主的で活力ある職場づくり及びCEART勧告尊重の立場に立ち、人事異動に関わる問題について、組合と誠意ある交渉を行い、その合意に達した事項によって公正で明朗な人事異動を行うよう強く要求します。
 



1.時間外勤務や休日出勤が常態化し、また授業中職員室に誰もいない時間帯が生じるなど、長時間・過密な労働の実態を踏まえ、ゆとりを持って教育ができるよう増員・加配を含めて適正な人事配置を行うこと。


2.職場の年齢構成のバランスに配慮すること。


3.「定数内臨時教職員」を置かず、正規教職員を配置すること。


4.本人の意思を尊重した、納得・合意に基づいた公正かつ民主的な人事を行うこと。強制的かつ機械的な人事や差別的人事は一切行わないこと。


5.最低でも5、6年は同一校勤務を保障すること。


6.新規採用からの10年間に3校という形式的な異動はやめること。


7.校長への「個人希望調査」提出については、十分な考慮期間が保たれるように指導すること。また市教委の人事日程についてもその旨考慮して設定すること。


8.希望校を「3区にまたがって書く」などの強制はさせないこと。


9.留任希望者を転任対象としたり、転任希望者を留任対象とする場合は、1月中に本人に意向を打診し、「希望と納得」の人事となるようにすること。


10.長距離・長時間の通勤とならぬよう通勤条件に十分配慮すること。


11.妊娠中、産休中、育休中の教職員に対する人事は、母体保護最優先等の配慮をすること。不妊治療中の教職員や育児短時間勤務希望者等への配慮もすること。


12.保育園への送迎など子育てに関わる教職員や家族の看護・介護などが必要な教職員については、状況や意向を十分に把握し、無理のない勤務を保障すること。


13.通院加療中または再発しやすい病歴のある教職員についてはその便宜を最優先すること。


14.地教委間異動・県立学校への異動・「北上」等については、確実に本人の同意を得ること。家族別居・遠距離通勤等、結果的に人権無視、労働基準法・育児介護休業法違反、生活破壊につながる人事は行わないこと。


15.県教委管内・静岡市管内相互の間の異動についても、採用「籍」にこだわらず 希望を尊重し、居住地・通勤条件等を考慮すること。また従来同様、その旨県教委に対して積極的に働きかけること。


16.幼稚園・小学校・中学校への校種間異動についても、本人の希望を尊重し納得を得るようにすること。


17.本人より最終勤務校の申し出があった場合は、希望を最優先して長年の労苦に報いること。希望が叶わない場合にあっては、本人にその旨を早急に伝え、納得を得ること。とりわけ退職前2年において留任を希望する場合は、転任対象としないこと。


18.法の趣旨にそって60歳までの勤務を保障し、組織的・計画的な退職勧奨は行わないこと。本人から個別勧奨に応じない旨意思表示があった場合は、退職を強要しないこと。特に、女性教職員に対する差別的勧奨は行わないこと。


19.県教委が行っている「希望表明制度」は、異動希望先を「学校方針」や「研修」と無理に結びつけさせ、教職員が自由に転任先を書くことができないなど問題も多いため、再び導入しないこと。


20.異動の有無を2月中旬までに本人に知らせること。今まで以上に内示を早める努力をすること。問題が生じた場合は、誠意ある対応をすること。


21.事務職員・養護教諭・栄養職員の人事については、静西教育事務所と緊密な連絡を取り進行状況を把握し、押し詰まってからの希望外人事とならないようにすること。


22.教務主任を前提とした人事異動は、直ちにやめること。


23.複数校兼務、複数校への初任者指導などはやめること。


24.副校長、主幹教諭の設置をやめること。


25.CEART勧告を尊重し、組合と誠意をもって協議すること。
     

以上
nice!(0)  コメント(0) 

2008年度末人事異動について ~ 08年度末 [人事異動関連]

人事は「納得と了解」が基本

私たちは、11月12日に市教委と人事異動について交渉をしました。その内容について、報告します。
 人事異動は大事な勤務条件の変更です。納得いくまで校長と話し合いを持ちましょう。

 11月12日の交渉での要求と回答の一部を紹介します。

組合 通勤条件について、長距離・長時間の通勤と
ならぬよう十分配慮すること。
市教委 通勤時間・方法などできるだけ無理の
ないようにしたい。

組合 妊娠中、産休中、育休中の女性教職員に対す
る人事は、母体の保護を最優先すること。
 市教委 校長の意見具申を尊重する。

組合 保育園等への送迎など子育てに関わる教職員や家族の看護・介護などが必要な教職員については、状況や
   意向を十分に把握し、無理のない勤務を保障
   すること。
 市教委 個々について校長を通して聞く。希望を
     尊重するが必ずしもそうならないこともある。

組合 通院加療中または再発しやすい病歴のある教
   職員についてはその便宜を最優先すること。
 市教委 校長意見具申を大切にする。個々に配
     慮する。 │

「必ずしも」とか「校長を通して」という言葉は付きますが、「個々への配慮」や「希望の尊重」は明言しています。端からあきらめずに、しっかりと希望や状況を校長に伝えましょう。そして、市教委に正確に伝えてくれたか確認しましょう。

「不意転」もまだまだ問題になります。その点では、次のことも大事な確認です。

組合 留任希望者を転任対象としたり、転任希望者を留任対象とする場合は、本人の「意思の形成過程」を大切に
   する観点から、1月中に本人の意向を打診し、「希望と納得」の人事となるようにすること。
 市教委 希望を尊重するが、必ずしもそうなら
     ないこともある。早い時期に本人に伝わるよう
     に校長を指導する。

10年3校とは
「10年3校」というのは、「新採後、
10年目に3校目にいる」ということです。
 あわてなくてもいいのです。 │
尚、市教組は「10年3校」のような形
式的、機械的異動に反対しています。


押しつけられる「希望」?
3年以上の人は、留任希望でも「希望校」を書けという圧力があります。「市教委の指示」という言い方をする校長がいますが、市教委は「お願いすることはあるかもしれないが、強制ではない」と回答せざるを得ません。当たり前のことです。
 同じく、3区にまたがって書けという圧力があるとしたら、これも同じです。
 希望しないのに「希望校」を書かせるなど、良識ある人がやることではありません。まして教育者なのですから。

「納得と了解」への丁寧な対応を
人事日程は、12月末から1月半ば過ぎの間に「校長一次面接」、そして2月からの「校長二次面接」での具体化と続きます。「必ずしもそうならない」場合があるのなら、「納得と了解」を得るための丁寧な対応が、校長や市教委に求められます。「意思の形成過程を大切にする」とは県教委も言っていることです。
 「人事は学校の活性化・教育効果の向上が目的」(市教委)と言うのなら、民主的な人事は大前提です。

困ったら、職場の団結と組合の力で
困ったら一人で悩まず、職場の同僚や組合に頼ること!これは今までの大事な教訓です。


nice!(0)  コメント(1) 

人事異動・静岡市内校長の一次面接は… [人事異動関連]

■ 12月から始まった静岡市内の人事異動に関わる市教委との校長一次面接が、そろそろ終わる頃だと思います。
■ 人事は「納得と了解」が原則です。
■ 市教委は、「必ずしも希望通りにはいかない。」と言いますが、「校長の具申を元に、希望は尊重する」とも言 っています。
■ その場合でも職員に経過をていねいに伝えるよう指導していると言っています。
■ この時期、校長に「人事は、どうなっていますか?」と聞くことが大切です。
■ そうでないと、3月上旬の個別の伝達まで、何も言われないまま、希望外の突然の「転任」「留任」という事態 になりかねません。「聞いてないよ~」では、やる気も出ません。
■ 一次面接で市教委と校長は、勤務年数や来年度人事を踏まえてやり取りをしています。一定の構想はでき つつあると考えられます。
■ 当然、希望を尊重するように言うべきですが、せめて今、どうなっているのかは、伝えるように要求しましょ  う。
■ 2月には校長二次面接が始まると言っています。一次と二次の間に従来より時間をもうけ、余裕を持って対  応できるようにしたい、というのが、市教委の言い分です。
■ 是非、校長へひと言、ふた言…!

★ 困ったら、静岡市教組へ!  


nice!(0)  コメント(0) 

中部教育事務所に「人事要求書」送る [人事異動関連]

教職員人事異動の情報は、どうですか?問題があったら知らせてください。できるだけ対応します。
さて、事務・養教・栄養職員に関わっては、静岡市内だけでなく中部教育事務所管内にわたっての異動が行われます。また、例年希望外の異動の有無が2月末になって知らされるという不当な事態もありました。そこで、最近静岡市教組では、中部教育事務所に対しても要求書を出して、折衝するようにしています。本日「要求書」を送付しました。

2007年1月25日
静岡県教育委員会
中部教育事務所長 様
       静岡市教職員組合
                          委員長 長澤 裕

2006年度末人事異動要求書

 貴職におかれましては、日頃教育の発展・向上のためにご尽力されていることに敬意を表します。
 さて、私たちはこれまでも「人事は教職員の生活権と子どもたちの学習権の保障に関わる重大な問題」と位置づけ、異動に際しては教職員の身分の尊重および待遇の適正化について十分に配慮するよう静岡県並びに静岡市教育委員会に対して要求してきました。
 また「人事異動は教職員の勤務条件の変更」であり、何より「希望と納得」が尊重されることを要求してきました。
 今回貴職に要求しますのは、静岡県並びに静岡市教育委員会に対する要求を前提としつつも、とりわけ下記の点に関わってのものです。誠意ある回答をお願いします。
                  記
1 地教委間異動・県立学校への異動等については、確実に本人の同意を得ること。 家族別居・遠距離通勤等、結果的に人権無視、労働基準法・育児介護休業法違反、生活破壊につながる人事は行わないこと。

2 事務職員・養護教諭・栄養職員の人事については、静岡市教育委員会と緊密な 連絡を取り進行状況を把握し、押し詰まってからの希望外人事とならないようにすること。既に来年度校内の業務構想や準備に着手している2月末の時期に、希望外異動の打診が行われることがしばしばありました。貴職に関わることですので、強く是正・改善の措置を要求するものです。

3 留任希望者を転任対象としたり、転任希望者を留任対象とする場合は、本人の 「意思の形成過程」を大切にする観点から、1月中に本人の意向を打診し、「希望と納得」の人事となるようにすること。

4 異動の有無を早期に本人に知らせること。今まで以上に内示を早める努力をすること。問題が生じた場合は、誠意ある対応をすること。

5 長距離・長時間の通勤とならぬよう通勤条件については十分配慮すること。

       
                               以上


nice!(0)  コメント(0) 
人事異動関連 ブログトップ
メッセージを送る