So-net無料ブログ作成
静岡市教組 ブログトップ
前の10件 | -

子ども目線で、年度末へ [静岡市教組]

16-17富士山③.JPG

今日から始まった学校もあるんだね。
風邪引かないよう、がんばって!

受験生、がんばれ

子どもたちも、教職員の方々も

テストに追われないように、

4月第3火曜日18日の全国学テに惑わされないように、


子ども一人ひとりを見つめながら、
上からの指導授業方法の押し付けに揺らされないように、

現場で、
       みんなで、

成長と発達を考えながら、


子どもを抜きしない、
教育実践を進めましょう!   ねっ。

nice!(0)  コメント(0) 

元気よく2017年へ [静岡市教組]

17.1.1初日の出①.jpg

政令市権限移譲により不利益でなく、よりよくするために


「小中一貫教育」と言いながら、本音は 学校の統廃合 公共施設維持と建設からの後退・・・
を止めよう


子どもと教育のことを決めるのに、子ども抜きに決めないで
                教育現場の声を抜きに決めないで 


・・・2017年幕開けだよ~! 


 
nice!(0)  コメント(0) 

2015年 今年もよろしくお願いします [静岡市教組]

15.1.1初日の出②.jpg
新しい年、2015年
明るい年にしましょう!
今年もよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 

めげない年に! 明けましておめでとうございます [静岡市教組]

新年明けましておめでとうございます


憲法とくらし、教育を守る国民的運動の新たなスタートを

 2013年が明けました。今年はいつもより少しだけ長い冬休みですが、ゆっくりと体と心を休めることができているでしょうか?


 昨年末の衆議院選挙で民主党が大敗し、自民党が再び政権を握るという大きな出来事がありました。「脱原発」の運動があんなに盛り上がったのに、なんでまた自民党なの?という失望感を感じた人も少なくないかもしれませんね。私自身も正直なところ、あそこまで自民が議席を増やすとは思いませんでした。


 しかし、今回の自民党の勝利は4割の得票率で7割の議席を獲得できる小選挙区制と、早々と「自民圧勝」の宣伝をしたマスコミがもたらした低投票率に支えられたものであることは確かです。


 選挙結果がそのまま国民の運動の敗北ということではありません。「脱原発」の運動は依然として全国的な広がりを見せていますし、各地各界で結成された「9条の会」は7500を超えています。また沖縄では米軍基地強化に反対する県民運動、北海道や東北ではTPP反対の運動が今までの立場やしがらみを超えて広がっています。


 今年7月の参議院選挙でも3分の2以上の議席を確保し憲法改悪に王手をかけたい、というのが安倍氏の算段でしょうが、参議院には小選挙区はありません。選挙までの期間も半年あります。私たちの憲法とくらし、教育を守る運動をさらに広げ、安倍自民党に「そうは問屋がおろさねぇんだよ!」と言ってやりましょう。


 そのために、「自分には何ができるか?」「誰を仲間にできるか?」を考えて、できるところから行動する。そんな1年のスタートにしましょう。

13.1.1浜松の日の出.jpg

12.12.29治人の墓から臨む②.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

1/8静岡市 賤機山を歩く [静岡市教組]

11.1.8賤機山古墳.JPG
賤機山古墳 

11.1.8富士山 遠望 賤機山から.JPG
賤機山城跡から、富士山がきれいに見えました。

1/8(土)組合事務所近くの 賤機山を途中まで巡ってきました。
nice!(0)  コメント(0) 

春のハイキング [静岡市教組]

市教組春のハイキング

10.5.15市教組ハイク①.JPG
興津駅をスタートに、さった峠をめざして歩きました。途中、びわ畑やみかん畑がたくさんあって、みかんの花がいい匂いを漂わせていました。
さった峠からの眺めは、残念ながら富士山は雲がかかって見えませんでしたが、春の駿河湾が見渡せて、いい気持ちでした。
10.5.15市教組ハイク②.JPG
10.5.15市教組ハイク③.JPG
10.5.15市教組ハイク④.JPG
10.5.15市教組ハイク⑤.JPG

由比駅で一休みしてから、広重美術館へ。向かいには由比正雪の生家、正雪紺屋がありました。美術館隣の由比宿交流館では生きた桜エビが水槽の中を泳いでいました。
10.5.15市教組ハイク⑥.JPG
広重美術館で浮世絵に挑戦しました。作品発表!
nice!(0)  コメント(0) 

明けましておめでとうございます [静岡市教組]

今一度、日本を洗濯いたし申し候

 みなさん、明けましておめでとうございます。

静岡市教職員組合 委員長
10.1.1用宗海岸の初日の出.JPG
静岡・用宗海岸の初日の出

 今年は再び、坂本龍馬ブームがやって来るそうです。もちろんNHKの策略でしょうけど、まあ僕も福山くんは嫌いではないので、その策略に乗っかって、今の時代を幕末にたとえて考えてみました。

 歴史の授業でやっかいなのは、幕末が「開国」派と「尊王攘夷」派との対立という単純な構図では描けない、複雑で混沌とした時代だったことです。

 たとえば吉田松陰など尊王攘夷派が弾圧された「安政の大獄」。実際には、将軍の跡継ぎに紀伊藩主徳川慶福を推す南紀派と水戸藩主徳川斉昭の7男一橋慶喜を推す一橋派の、幕府内の勢力争いが原因だったようです。南紀派の大老井伊直弼は「安政の大獄」で一橋派を弾圧し、斉昭と慶喜を謹慎処分に。これに反発した水戸浪士たちが井伊を暗殺したのが「桜田門外の変」です。結局、14代将軍は慶福(家茂)、15代将軍は慶喜となるのですが、このあたりは自民党から民主党への「政権交代」と似たり寄ったりです。

 また、後には討幕派の中心となる薩摩藩ですが、当時の藩主島津久光は尊王攘夷派に一定の理解を示しつつも基本的な考え方は佐幕派、つまり幕府を守る立場でした。しかし尊王攘夷派の藩士たちは藩主の意に逆い、倒幕の狼煙をあげようと寺田屋に集まっていました。それを阻止するべく手練れの藩士を寺田屋に向かわせた結果、藩士同士の殺し合いとなったのが寺田屋事件です。同じようなことが、今日の連立政権のどこかで起こる可能性が十分にあると思うのは僕だけでしょうか。

 幕末の混沌とした情勢の中でただ一つ言えるのは、志士と言われる人たちは損得勘定抜きにして新しい世界を模索し、手探りながらも自ら行動して道を切り開こうとしたということです。その動きが、やがては幕藩体制を守るか天皇中心の新しい日本を作るかという対立に収束していったわけですが、今日を幕末にたとえるならば、大企業中心・対米従属の政治を守るか国民中心の新しい政治を作るかという対立に向かっていく大きな流れの中に、今があると言うことができないでしょうか。

 世の中がどっちへ進むかわからない混沌とした今日、私たちが為すべきことは何か。タイトルに紹介した坂本龍馬の名言は、私たち市教組に集う仲間の合言葉にしたい言葉です。ただ最後に告白しますが、幕末の志士の中で僕が本当に好きなのは、実は長州藩の高杉晋作なんです。僕自身の座右の銘は、高杉晋作が辞世の句として残そうとして上の句しか口にできなかったと伝えられる、「おもしろきこともなき世をおもしろく」です。

 組合員のみなさん、市教組支持者のみなさん、どうか今年をよりいっそうおもしろい一年にするよう、力を合わせましょう。

どうかよろしくお願いします!!

nice!(1)  コメント(0) 

ハイキング  と 学習会報告 [静岡市教組]

いい天気だよ~!

満観峰ハイキング
09年2月11日 静岡市教組青年部と子ども部(?)

09.2.11満観峰ハイク.JPG

 風もなくて、あったかい。いい気持ちで~す。

 これから、花沢山をめざします。


 同じ頃、その満観峰方面を駅南から望んでみました。

 学習会の休憩時間に。
20090211西方面の山.JPG

■安健センター学習会 安健センター学習会 -

 静岡県働く者の安全と健康を守るセンター(安健センター)の毎年恒例の学習会

 今年は、2月11日に次の2つのテーマで行われました。
 『特定健診・特定保健指導』制度で、働く者の健康は守れるか?

 医療関係者からの報告概要。

 団塊世代などにより高齢化のピークと見込まれる2025年までに、8兆円の医療費削減をねらって、2006年に自民党、公明党などにより制定された『医療制度改革関連法』・・・悪名高き『後期高齢者医療制度』とともに組み込まれた1つが、『特定健診・特定保健指導』の制度でした。

 住民の基本的な健診が自己責任論に変えられ、自治体の責任がなくなる。これは、自治体の7割が見直しや廃止を求めているなど、自治体にとっても困る制度。昨年まで受けられた人や被扶養者などが、窓口に不満、不安を訴えている。受診率が極端に減っている場合もある。

 科学的根拠のない、むしろ逆の反論もあるメタボ、肥満のみに健診を限定するなどの問題点もある。それなのに、医療機関などに実施率、などによってペナルティもある。

 しかも、生活習慣病などは、多くは仕事と社会環境に規定されているのに、個人責任にされる危険性が大きい。

 多くの医療器機関への影響も出ている。

 長生きしてよかったという社会づくりに貢献しないもの。

 職場の健診は、どうですか?
  職場の安全・衛生・メンタルヘルスに、どう取り組むか?

 労働安全衛生活動に積極的に取り組み、成果を上げている労組からの報告概要。

 安全と衛生はしっかり区別し、それぞれ役割を自覚させて担当者=管理者を設置させること。

 使用者にとっても「業務上の災害や心的危害は、百害あって一利なし」であることをわからせること。つまり、労働生産性を落とし、保険・休業補償などコスト増、職場環境の悪化は人材の確保、外への宣伝でも不利になる!

 メンタルについては、原因の大半が会社に起因すること。「ハラスメント」「想定外の要求」「達成不可能なノルマ」「過大な責任」「長時間労働」「望まない配置転換」など。

 従って、予防や復職実現には、労組が関与できるルール作りが必要。使用者だけではわからない。

 仕事の目的や達成感がはっきりしない。ものが言えない、言っても変わらない職場の中で、数値目標だけは押しつける。居場所がなくなる。・・・結局繰り返すメンタルの問題。悪循環。

 そうならないように、職場点検。科学的客観的な組織・職場診断は必要。この労組では、民間の専門的な企業に委託した調査を行っている。(行わせている。)

 厚生労働省もHPで打ち出している
ディーセントワーク=働きがいのある人間らしい仕事の実現を!
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 静岡市教組 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。