So-net無料ブログ作成
検索選択
特定秘密保護法反対 ブログトップ

全教が秘密保護法強行採決で抗議声明 [特定秘密保護法反対]

【全教声明】
憲法を否定し、民主主義を根底から破壊する
「秘密保護法」の強行成立に断固抗議する


2013 年12月7日
全日本教職員組合(全教)中央執行委員会


 12月6日、安倍自公政権は、廃案・慎重審議を求める多くの国民の声を押し切って、参議院本会議で「秘密保護法案」の採決を強行するという蛮行に出ました。全教中央執行委員会は、憲法の基本原則を蹂躙し、「戦争できる国づくり」をねらう国民弾圧法「秘密保護法」の強行成立に断固抗議します。


 10月25日に国会提出された「秘密保護法案」は、衆議院で2週間、参議院ではわずか1週間の審議しかされていません。短い審議の中でも危険な本質が明らかにされ各方面から反対の声が上がり続けた法案です。政府が「安全保障に妨げがある」と判断すれば、軍事、外交、スパイ防止、テロ対策など広範な行政情報を「特定秘密」と指定できる仕組みであるとともに、国民には何を秘密と指定するか知らせず、「行政機関の長」が自分で理由をつけることによって広範な情報を秘密にすることができる。そして、何よりも国民の知る権利を阻害し、学問・研究の自由という土台を脅かす稀代の悪法です。


 国会前での廃案を求める多様な行動、全国各地で展開された反対行動、「ストップ!秘密保護法11・21 大集会」に1万人、「秘密保護法廃案へ!12.6大集会」に1万5千人など、「秘密保護法案」は廃案しかないという一点で国民は共同を広げました。新聞各紙でも慎重審議を求める論調が広がるとともに、「朝日」の世論調査(12月1日電子版)では、法案に「反対」が50%、「賛成」が25%と国民の圧倒的多数が反対し、「特定秘密保護法どうすべきか」の問いに対し「継続審議・廃案にすべき」は73%にのぼり、「今国会で成立」の14%を大きく上回りました。臨時国会最終盤に国会に押し寄せた数万の国民の姿は、その世論を反映した国民の不安と怒りの行動です。参議院での強行採決は、国会での審議を徹底すればするほど、法案の持つ矛盾が拡大し、国民の「法案」に対する反対運動や世論の広がり、国民的なたたかいの高揚を怖れた動きにほかなりません。


 こうしたなか、全教は、「高校無償化廃止法案」に反対するたたかいを継続し、11月28日から臨時国会会期末ぎりぎりまで、全国の教職員に連日の国会行動への参加を呼びかけ、委員会傍聴・議員要請などの行動を展開し、法案の成立阻止に向けて奮闘しました。


 「秘密保護法」は、アメリカと軍事戦略・情報を共有する「受け皿」となる「国家安全保障会議設置法」とあわせ成立し、集団的自衛権の行使を可能にし、「戦争できる国」づくりの第一歩となるもので、憲法の平和原則とまったく相いれないものです。さらに、安倍自公政権は、憲法改悪に向けた動きを強めるとともに、それと一体の安倍「教育再生」によって、戦争をする国を支える人材を育成しようとしています。


 強行された秘密保護法のもとにあっても、戦前の暗黒社会に回帰させる動きを許さず、国民的共同をさらに広げ、その発動を許さないたたかいに力を尽くします。


 全教は、「教え子を再び戦場に送らない」という教職員の不滅の誓いを高く掲げ、憲法改悪とそれと一体に進行する安倍「教育再生」を許さないたたかいに全力を挙げ、憲法を守り、いかす学校づくりをさらにすすめていく決意です。

                                         以上

nice!(0)  コメント(0) 

引き続き、秘密保護法の危険性を知らせる活動が大切! [特定秘密保護法反対]


静岡新聞さえも社会面などで、批判!
13.12.7秘密保護法強行採決静岡新聞.jpg


許せない、自民、公明の暴挙!強行採決!

7日(土)の何と静岡新聞の社会面の記事!成立前にこのくらい載せろよ、学テを1面で何日も載せるより重要だろ!という思いもあるけど。
 でも、地方新聞には珍しい、保守 と言われる静岡新聞ですら、


「現れたのは圧倒的多数の自民、公明両党による強行政治だ。」


「やろうと思えば何でもできる巨大与党だからこそ、多くの声に耳を傾け、慎重審議などで抑制を利かせることが求められる。」


と社説にも。


この記憶は風化させないようにしたいね。
 中国や北朝鮮、韓国への危機を煽っておいて(都合のいいことは秘密にしないで)、突然「アフリカで自衛隊が戦果!」なんて知らされることが起こらないように。

 5日に参院「国家安全保障特別委員会」を傍聴した全教静岡委員長も、
「強行採決しました。何が起こったのか分からないような瞬間でした。特別委員会委員長が理事会で検討します。と発言したことはどこに?本当に傍聴していても、何が起こったか分からない強行劇でした。」
と、伝えています。


 まさにそのとおりで、速記録(暫定版)は、
「石井浩郎君…(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)
 委員長…(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)
 (委員長 退席)
 午後4時8分    」
と書かれているそうです。


忘れないこと、風化させないこと!そして次へ!


「国会の多数でも、世論では少数であったこと。」


ヒトラーの時と違って、戦前の日本と違って、政府の暴挙が白日の下にさらけだされたこと。」


教育基本法改悪の時と同じように、その後のたたかいで良心は生かされていくこと。」


「めげずに、たたかっていくことで、いつでも新しい窓が開かれること。」


「施行までの1年間に、何ができるか、みんなで知恵を絞りましょう。」


「ぼくたちには、まだ憲法があります。」


「さらに悪くする修正案を出した一部野党の存在も忘れてはなりません。」


「日本の民主主義は未成熟だと思っていましたが、国会を取り巻く人々の渦や知識人、ジャーナリストなどからの痛烈な批判を沢山聞き、だてに68年民主憲法の下でやってきた訳じゃない。民主主義は確かに根付いていると思いました。ただ民主主義を正しく認識している国民の数がまだ少ない。教育の場で民主主義を目隠ししてきたから。秘密保護法が身動きできないようにするにはどうしたらいいのか、わたしも考えたいです。教え子と我が子のために。」


「(以上のようなメールを見て)もう次のことを考えているんだと感動。踏まれても叩かれても立ち上がる力強い(全教、全教静岡の)仲間たち。私も、志を一つにして頑張りたい。」


「ネットを見ると、まだまだ『公務員以外関係ないでしょ?』のような誤解が多いと思います。安倍政権は、誤解がなくなる前に成立させないといけないので(アメリカの命令だから)何と言われても押し通したかったのではないでしょうか。引き続き、その危険性を知らせる活動が大切だと思います。」

nice!(1)  コメント(0) 

浜岡原発廃炉!も言えなくなる秘密保護法案反対! [特定秘密保護法反対]

特定秘密保護法案 に反対しています。
署名や要請ファックスに取り組んでいます。

今までのファックス一言から(衆院「国家安全保障に関する特別委員会」理事宛)


「『友好国』には知らせても、国民には知らせない、そんなやり方で、本当に国を守ることができるとは思えません。」


「国民を信頼しない、驕った(おごった)政治家にならないでください。」


「国民に約束していないことを、これほど性急に行おうとする姿勢は、失礼です。」


「国民を信頼してこそ、日本を守ることができるのです。軍事・警察国家をめざしているわけでは、ないでしょう。」


「国民を信用せずに、でもその国民を守ると言えるのですか。国民から離れた国家が存在することになります。」


「国民を信用せずに“国家”と言えるのでしょうか。」


「国民に秘密ばかりつくって、どうして信用しろと言えるのでしょうか。」


「秘密は、少なければ少ないほど、国民を納得させられると思います。秘密にしたいことが、そんなにたくさん、これから出てくるのですか。知られて困ることが多すぎるのではないですか。」


アメリカニューヨークタイムズでさえ反対しているのに、どこにこの法案の道理があるのでしょうか。」
http://www.nytimes.com/2013/10/30/opinion/international/japans-illiberal-secrecy-law.html?_r=0


政府の担当官は、原発関連も「テロ対策」を口実に「特定秘密」になると言っています。

そうすると、浜岡原発のすぐ裏側の地層を見ると、ぼろぼろと崩れる土だよ!危険だ!と調べるのも、
13.12.1浜岡原発近くの地層②.jpg

浜岡原発の海岸側を見て、これで、津波の引きなみがあったら海水の出し入れが心配と言っても、
13.12.1浜岡原発の海岸から③.jpg

浜岡原発を遠くから眺めても、
13.12.1浜岡原発の海岸から①.jpg

みんな、「秘密を漏らしたな!」となってしまいます。(最高懲役10年!だよ)

自民党静岡県連など超党派で作成(天野一県議責任制作、渡辺敦雄さん監修)の
DVD『浜岡原発の今とこれから』
(↑で検索すると、ユーチューブで視聴可)
これだって検閲にあうかも。
注;えっ、自民党も?と思えるほどの、浜岡原発(原子力発電)の危険性がよくわかる力作!必見!


nice!(1)  コメント(0) 
特定秘密保護法反対 ブログトップ
メッセージを送る