So-net無料ブログ作成
子ども平和の旅 ブログトップ
前の10件 | -

静岡市子ども平和の旅2日目、3日目 [子ども平和の旅]

2日目
昨日は東松島市の旧野蒜小学校校舎を訪問し、東日本大震災を当時小学6年生で体験した高校3年生の女の子から話を聞きました。
それで、突然で急なのですが、その高校生が静岡市に来てくれることになりました。
8月22日(月)13:00~15:00、市教組会館で緊急企画「高校生が語る3.11」を行いたいと思います。今回の「静岡市子ども平和の旅」でお話を聞いて、この話をぜひ他の人たちにも聞いてほしい、と思いました。できれば、中学生や高校生にも声をかけて参加していただけたらと思います。

16.8.16・2日目⑤朝の海.jpg
16.8.16・2日目の朝磯遊び①.jpg
16.8.16・2日目の朝磯遊び②.jpg
16.8.16・2日目の朝磯遊び③.jpg



2日目は、阿部さんのお話を聞いたあと、お昼を食べて南三陸町へ行きます。民子さんの海パックという海産物の宅配販売をしている漁師さんのお宅で、お話を聞いたりお手伝いさせていただいたりする予定です。台風の影響で波が高いので、船には乗せてもらえないというので、子どもたちはちょっとガッカリしています。

16.8.16・2日目 阿部さんのお話.jpg



16.8.16・2日目 南三陸町 民子さんの海パック.jpg
16.8.16・2日目 南三陸町 民子さんの海パック②.jpg
16.8.16・2日目 南三陸町 民子さんの海パック③.jpg
http://www.tamipack.jp/
↑ たみこの海パック ~南三陸町 海産物の宅配便~

16.8.16・2日目の夕食.jpg


3日目
仙台駅を出発しました。
今日は台風のため、見学もお話も無理かなぁとあきらめていましたが、
途中の塩釜でお話を聞く会を行うことができました。
16.8.17・平和の旅・3日目①.jpg
16.8.17・平和の旅・3日目②.jpg

 息子さんが女川町の七十七銀行で、支店の屋上に逃げて流されてしまったという田村さん夫妻が、わざわざ出てきてくれて、お話をしてくださいました。
 今回はたくさんの人が体験を話してくれて、見学よりもお話のほうが多い旅行でした。
 しかし、一人ひとり違ったお話で、その場所場所で津波の様子も違ったということがよくわかりました。
 みなさん、機会があれば、静岡にも行きたいといってくださったので、なんとかしてこの続きの企画を作りたいと思います。




nice!(1)  コメント(0) 

静岡市子ども平和の旅2016 1日目 [子ども平和の旅]

第7回 静岡市子ども平和の旅 出発しました。

東松山の小学校や、石巻の小学校の跡地を回り

1日の反省や感想を語っているところだそうです。

今回は、高校生もスタッフに加わり、学びがより深まっていると思われます。

天候だけが心配です。17日までの2泊3日です。
16.8.15静岡市子ども平和の旅1日目②.jpg
16.8.15静岡市子ども平和の旅1日目①.jpg

このブログで、木村裁判をたどってください。

故木村百合子さんのようなことが二度と起きないように、

『すべての教師のために。』とあるように、新採だけでなく・・・

一人で抱えないで!

そんな願いを込めて、百合子さんのご遺族や関わった有志の方々が

冊子を出しました。学校に来たのを見たでしょうか?

学びましょう。

すべての教師のために①.jpg
すべての教師のために②目次.jpg

卒業から10年、さあタイムカプセルを開けるよ!

いやあ、結構深い!硬い!

ある小学校での風景でした。和やかで、いい感じ。

担任の先生がいたらなあ。亡くなった先生への思いも込めながら。
16.8.15タイムカプセルを開けよう10年たった.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

沖縄ツアー 平和の旅 大人版(5) [子ども平和の旅]

沖縄ツアー 平和の旅 大人版
12月28日は、辺野古へ

辺野古キャンプシュワブゲート前の座り込み
15.12.28沖縄ツアー・辺野古①.jpg
15.12.28沖縄ツアー・辺野古②.jpg
有意義な学びができたのは、事前に全教にも講師を紹介していただき、現地でお話をしてくださる方が、素敵な方々だったからでした。
10人乗りレンタカーを安全に運転してくださったこともありがたかったです。
沖縄の方々の力強さも、もちろんでしたが、特に一緒に行った若手の発言が、私を励ましてくれるものばかりでした。
辺野古での座り込みに参加した他の方々の言葉や感想からも大いに学べました。
雨で本当に寒かったですが、心はホットでした。
東京の私学で教える女性教員は、あの殺害されたジャーナリストの後藤さんを毎年学校に呼んで話を聞いていたとか。
思いをもって沖縄を訪れ、自分の思いを語る人たちの存在が、沖縄の方々を励ましているそうです。
「よく来てくれた」と、とても喜んでくれていました。
また、行きたくなる、行かねばならないと思わせる沖縄平和ツアーでした。

15.12.28沖縄ツアー・辺野古③.jpg
15.12.28沖縄ツアー・辺野古④.jpg
戦後70年と言っても基地がある限り沖縄の戦いは終わっていない。基地があると新たな戦争の犠牲者を生むから沖縄に基地はいらないんだということが分かりました。
15.12.28沖縄ツアー・辺野古⑤.jpg
15.12.28沖縄ツアー・辺野古⑥.jpg
15.12.28沖縄ツアー・辺野古⑦.jpg
浜のテント村
カヌー隊は、ここから。
15.12.28沖縄ツアー・辺野古⑧.jpg
15.12.28沖縄ツアー・辺野古⑨.jpg
15.12.28沖縄ツアー・辺野古⑩.jpg
15.12.28沖縄ツアー・辺野古⑪.jpg
勝つためのコツは・・・
そう!あきらめないで たたかうこと
うん

 南部戦蹟、 普天間・嘉手納の米軍基地、辺野古、最後はオプションで首里城、瀬長亀次郎の不屈館。
盛りだくさんの学びの旅でした。
古堅さんの鉄血勤皇隊の体験談、
稲福さんの沖縄戦解説と戦蹟ガイド、
中村さんの辺野古情勢、
辺野古に集まった全国と沖縄の人々の発言や歌。
たくさん話を聞きました。
今年最後の座り込みの締めくくりに
「ここに座り込め」「沖縄を返せ」を参加者みんなで腕くんで歌いました。
毎夜沖縄料理と泡盛をお腹いっぱいに味わい、
沖縄歌謡のライブも楽しみ、新しい若い仲間とともに、
実り山盛りのツアーでした。
参加者8人の胸に新たに宿った沖縄とともに
日本の民主主義をつくるぞの思いは
組合運動を進めるパワーとなるでしょう。


夜の独り歩き
メニューの泡盛1合がこれ
15.12.28泡盛1合.jpg


万国津梁の精神を
日本に
世界に
2016年に
よいお年を!

nice!(0)  コメント(0) 

沖縄ツアー 平和の旅 大人版(4) [子ども平和の旅]

沖縄ツアー 平和の旅 大人版(4)


翁長知事の原点
魂魄の塔
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・慰霊碑.jpg
海岸にも降りて
ここで何人の命が・・・
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・海を.jpg
ひめゆりの塔
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・慰霊碑②.jpg
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・陸軍病院跡.jpg


基地反対運動の話を
元県労連議長の中村司さんから。
15.12.27沖縄ツアー・基地反対運動を学ぶ①.jpg
15.12.27沖縄ツアー・基地反対運動を学ぶ②中村司さん.jpg



夜は、三線を聞きながら・・・
15.12.27沖縄ツアー・三線を聞きながら夕食.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

沖縄ツアー平和の旅 大人版(3) [子ども平和の旅]

15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・韓国人慰霊塔.jpg
矢印は、どこを向いているの?
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・矢印.jpg
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・礎.jpg
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・摩文仁の丘①.jpg
鉄血勤皇隊員の古堅さんが
崖づたいに
敵中突破しようとしたのが
この辺り
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・摩文仁の丘②.jpg
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・礎②.jpg
15.12.27沖縄ツアー・平和祈念公園・資料館.jpg


戦後70年と言っても基地がある限り沖縄の戦いは終わっていない。
基地があると新たな戦争の犠牲者を生むから
沖縄に基地はいらないんだということが分かりました。

nice!(0)  コメント(0) 

沖縄ツアー 平和の旅・大人版(1) [子ども平和の旅]

12月26日~29日に
沖縄ツアー
平和の旅 大人版
を行っています。

先ずは、写真で紹介

26日那覇に着きました。

15.12.26沖縄ツアー.jpg

夜、古堅実吉さんの戦争体験を聞きました。
15.12.26沖縄ツアー古堅実吉さん戦争体験を聞く.jpg
15.12.26沖縄ツアー古堅実吉さん戦争体験を聞く②.jpg



27日 嘉数高台を見学
15.12.27沖縄ツアー・嘉数高台①.jpg
15.12.27沖縄ツアー・嘉数高台②.jpg
15.12.27沖縄ツアー・嘉数高台③.jpg

つづく
nice!(0)  コメント(0) 

第6回静岡市子ども平和の旅→宮城へ(その5) [子ども平和の旅]

8月21日(木)~23日(土)
第6回静岡市子ども平和の旅
今年は、宮城県 仙台~石巻~女川


宿泊したのは、EL FARO エル ファロ


何と床下には、タイヤが見えます。そう、トレーラーハウスなのです。
なぜ、トレーラーハウスのホテルなのでしょうか。


女川港からずいぶん奥に入った場所に
建って(置いて)います。


・・・実は、ここまで津波が押し寄せたのです。
海など見えない場所なのに。


津波に襲われた場所には、建物が建てられなくなりました。


そこで考えたのが、移動可能なトレーラーハウスのホテル。


隣の”少年”たちが騒いで、揺れが伝わってきた以外は、
とっても快適なホテルになっています。


そして、ホテルの名前を、EL FARO としました。


EL FAROって、何のことでしょう?・・・
なぜ、エル ファロ という名前にしたのでしょうか?・・・ 

nice!(0)  コメント(0) 

第6回静岡市子ども平和の旅→宮城へ(その4) [子ども平和の旅]

8月21日(木)~23日(土)
第6回静岡市子ども平和の旅
今年は、宮城県 仙台~石巻~女川


タクシーの運転手さんが言われたとおりでした。
石巻線(運休中)の高架をくぐってしばらくすると、
今まで見えていた家並みがなくなりました。
高台にある女川町地域医療センター
そこの玄関にある柱には、1.9mまで津波が来たとの印が。
そこから、女川港を臨むと、
一見、工事中のように見えますが、
建物が横倒しになっているのです。
(その3)に戻って見てください。
反対側、港から奥に向かっても、土を盛り上げている状況です。
何度も書きますが、もう3年余もたっている現場とは思えません。
これで、オリンピックなんて言ってていいのでしょうか。
オリンピック特需が始まったら、この工事は、もっと遅れるのではないでしょうか。
心配。


さて、次の写真に行きます。


14.8.21子ども平和の旅㉙宿泊EL FARO.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉚EL FARO.夕食.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉛EL FARO.夕食.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉜EL FAROで被災の話を佐々木さんに聞く。.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

第6回静岡市子ども平和の旅→宮城へ(その3) [子ども平和の旅]

8月21日(木)~23日(土)
第6回静岡市子ども平和の旅
今年は、宮城県 仙台~石巻~女川

 矢本から石巻へ、また電車です。
 3年余たっているのに、どうして、まだ?

 ここからは、足が不便だというので、ジャンボタクシーを借りています。
 石巻~石ノ森章太郎の描いたキャラクターが商店街の各所に。
 スーパーだった建物の1階の柱に、津波が天井近くまで来たという印が貼ってありました。

 日和山という公園や神社のある小高い丘(山)に登りました。
 下を見下ろすフェンスのいくつかに、津波の前の風景写真が設置してありました。
 日和山から海側を見ると、草の生えた荒れ地が広がっているように見えます。
 しかし、実際は、そこは1千軒、4千人の人たちがにぎやかに暮らしていた町だったことがわかりました。生い茂った草のため、見えにくくなっていますが、家の土台が一面に残っているのです。
 この山のふもとに、門脇小がありました。建物は残っていますが。津波で流されてきた車やがれきが学校にぶつかり、ガソリンに火がつき、3日間も燃えていたそうです。子どもたちは、裏の日和山に逃れ、避難してきた住民の方々も、3階からはしごをかけて、日和山に逃げたそうです。


 反対側、旧北上川を遡って津波が襲ったことが、やはり写真と見比べると、よくわかります。湊小では、子どもや住民の方々が校舎の上階に上がって難を逃れたとか。
 写真との変わりように、子どもたちも静か。


 その後、地盤沈下の修復工事をしている道路を通って、女川に入りました。
 「このコンビニ辺りから、しばらく行くと、様子が変わるからね。お店もなくなるから。」と、タクシーの運転手さん。


14.8.21子ども平和の旅㉒高台の病院のここまで津波が.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉓高台の病院から女川港.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉔ビルが横倒し.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉕ビルが横倒し.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉖慰霊碑.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉗港の奥の工事.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉘港の奥の工事.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

第6回静岡市子ども平和の旅→宮城へ(その2) [子ども平和の旅]

8月21日(木)~23日(土)
第6回静岡市子ども平和の旅
今年は、宮城県 仙台~石巻~女川 

松島海岸駅でいったん下車して、代行バスに乗り換えでした。
そこから矢本駅までバスに揺られます。
途中、津波被害の家跡などが見られたのですが、
草が茂って見えなかったり、工事中だったり、
・・・それにしても、3年余たっているのに・・・。
14.8.21子ども平和の旅⑫日和山から海側を臨む.jpg
14.8.21子ども平和の旅⑬日和山から海側を臨む.jpg
14.8.21子ども平和の旅⑭かつて千軒の家があった.jpg
14.8.21子ども平和の旅⑮日和山から海側を臨む.jpg
14.8.21子ども平和の旅⑯日和山から海側を臨む.震災前の写真と。.jpg
14.8.21子ども平和の旅⑰津波の高さを示すモニュメント.jpg
14.8.21子ども平和の旅⑱被災した門脇小.jpg
14.8.21子ども平和の旅⑲おや、外に虹.jpg
14.8.21子ども平和の旅⑳ようこそ女川へ.jpg
14.8.21子ども平和の旅㉑ようこそ女川へ.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 子ども平和の旅 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。