So-net無料ブログ作成
女性部 ブログトップ

5/15静岡県母親大会 磐田農高で [女性部]

5月15日(日)
磐田農高で

静岡県母親大会

が、開かれました。

 全教静岡の組合員や退職者も多数参加、分科会関係者としても、
活躍しました。

11.5.15県母親大会②.JPG
「どの子にも豊かな教育を」分科会
司会、助言者、記録、受付とも西部教


11.5.15県母親大会③.JPG
「子どもを真ん中に親の思い・教師の思いを本音で話そう」分科会


11.5.15県母親大会④.JPG
「遊んで学んで 世代をつないで」分科会
けん玉やお手玉で、


11.5.15県母親大会⑤磐田農高バラ園.JPG
磐田農高自慢のバラ園の一部


11.5.15県母親大会①.JPG
会場の磐田農高の上空からの写真。広いなあ。

静大名誉教授 伊藤通玄さんが助言者の
「『浜岡原発』安全性について考えよう」分科会は、
広い会場に変更したのに、立ち見も出る盛況。

昼には、
えがお署名(教育要求署名)151筆

地元の故木村百合子さんの公務災害認定を求める署名 120筆

菊川の新茶と深むし茶も、たくさん買ってもらいました。

ありがとうございました。

午後の全体会の講師は、


フォトジャーナリストの森住卓さん


世界の核実験場などの取材を精力的に行い、警鐘を鳴らしていた方

大地震の直後、3/12には、福島に向かっていました。
放射線測定器が振り切れる状況の中、取材をしたり、
(放射線量など情報のない)現地の人を心配したり、
何度も足を運んでいます。
その状況が、写真とともに、赤裸々に伝えられました。

もっとも、全体会場の講堂はいっぱいの参加者で、
隣の武道場で、映像(これも見づらかった)を通して。
写真は、よく見えなかったのですが。

森住さんが取材した世界の現場、

ソ連の核実験場だったセミパラチンスク(現カザフスタン共和国)

などの実態と比べながら、

政府や東電、「有識者」による、「すぐに危険はない」報道を
批判。

内部被曝の危険性を強調しながら。

森住さんのHP
http://www.morizumi-pj.com/
nice!(0)  コメント(0) 

08年 5/11(日) 静岡県母親大会 ・ 浜名高校にご参加を! [女性部]

生命を生み出す母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます

静岡県母親大会

子どもたちに平和な未来を くらし、いのち、平和を私たちの力で

☆と き  08年5月11日(日)10時~16時

☆ところ  静岡県立浜名高校 浜松市浜北区
JR浜松駅下車 遠州鉄道に乗り換え~(30分)~小林駅下車 徒歩5分

協力券1000円、高校生以下無料、保育あり

◆バス出ます!◆
  静岡市母親大会実行委員会でバスを出します 
    往復2000円 安い!会場まで直行!便利!交流!楽しい!
片道のみ1500円、子ども(座席使用・半額)
先着順 45席 
    発着 静岡駅南口 スルガ銀行前付近 
   申し込みは… 市教組へ! 取消料金あり2週間前2割、1週間前3割、1日前全額

分科会  10時 ~ 12時

教育など20分科会

※ №20分科会 マスコミ・メディアは、自立・公正な報道を!
~視聴者・読者の声は どこまで届いているの~
司会   市教組組合員←応援しよう!
助言者  新聞記者
     会場担当 静岡民商

全体会 13時30分 ~ 16時

   記念講演 湯川れい子さん 音楽評論家 作詞家

作詞曲名*ランナウェイ* 恋におちて*六本木心中*涙の太陽 など

 音楽から見えてくる平和  
       ~  子どもたちの未来は?
nice!(0)  コメント(0) 
女性部 ブログトップ
メッセージを送る