So-net無料ブログ作成
憲法・九条 ブログトップ
前の10件 | -

安倍首相の「改憲」発言の断固抗議 [憲法・九条]

憲法共同センター  声 明


安倍首相の「改憲」発言に断固抗議する!
     今こそ力あわせ、日本国憲法を守りいかした社会を実現しよう


    2017年5月9日
憲法共同センター運営委員会
                             

 安倍晋三首相は、5月3日憲法施行70年の記念日に、「2020年を、新しい憲法が施行される年にしたい」「『9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む』という考え方は国民的な議論に値する」と明言しました。5月3日付読売新聞のインタビューとこの日の第19回公開憲法フォーラムに寄せたビデオメッセージで表明したものです。  


 現在の日本国憲法は、第2次世界大戦によりアジアで2千万人の人々の命を奪った痛苦の反省の上にたち、戦争放棄を謳った憲法9条をはじめとする日本国憲法を制定しました。日本国憲法があったからこそ日本は、戦後70年一度も戦争に加担することも、巻き込まれることもありませんでした。また、世界の憲法学者から「群を抜くすばらしい憲法」と評価されています。世界に誇る日本国憲法を守りいかすことこそ日本の首相に求められることです。それをこともあろうに、憲法記念日に「改憲」推進の決意表明は、日本と世界の平和を愛する人々への冒涜と挑戦であり、断固として許すことはできません。私たちは、満身の怒りを込めた抗議します。


 安倍首相は自民党内きっての右翼・タカ派ですが、具体的な改憲条項や目標時期に踏み込んだことは初めてであり極めて重大です。しかも、特定の新聞でのインタビューや改憲派の集会で改憲を明言しながら、その後の国会質疑ではまともな説明もしないという民主主義と相入れない異常な政治姿勢をとっています。オリンピックの年だから改善するというのは、オリンピックの政治利用禁止という五輪憲章にも反します。


 一昨年戦争法を強行採決の連続で強行成立させ、南スーダンPKOへの自衛隊派遣、辺野古の新基地建設の強行など、戦争する国づくりにひた走っているなかでの今回の発言です。9条に自衛隊を書き込んだ途端、海外での武力行使が無制限となる危険な本質をもっています。日本国憲法を愚弄した発言を許さず、暴走をストップさせようではありませんか。


 安倍首相が今回、「新憲法」施行を2020年にしたいと前のめりの発言をし、自衛隊の9条明記などを具体的に提起したのは、改憲を必要としない圧倒的多数の国民と国会内の改憲勢力とのせめぎあいの下で、国会の憲法審査会の議論が進展しないことへの焦りといらだちの裏返しでもあります。また、発言に、オリンピックや教育無償化などを持ち出していることも「だまし」や改憲勢力の拡大ねらいであることは明らかです。


 今年の中央での「5・3憲法集会」は、昨年を上回る5万5千人の参加、全国各地でも施行70年のとりくみとして大きく成功しました。マスコミによる世論調査で共通していることは、憲法が果たしてきた役割の高い評価、9条の堅持とその改定に反対する声が多数であることです。


 私たちは、安倍首相による憲法9条の2020年改憲策動を許さず、当面する共謀罪法案を必ず廃案にすることとあわせ、全国での取り組み強化を心から呼びかけるものです。
                            以 上

nice!(1)  コメント(0) 

5月3日 総がかり  →  憲法のつどい [憲法・九条]

憲法施行70年 平和  いのち   人権を守る
総がかり集会
   静岡市・常磐公園
東は伊豆から、西は浜松から
みんながリレートーク
17.5.3総がかり集会②.JPG
17.5.3総がかり集会④.JPG
17.5.3総がかり集会⑦.JPG
17.5.3総がかり集会⑧.JPG
17.5.3総がかり集会⑩.JPG

そして、午後は、恒例の憲法のつどい

17.5.3憲法のつどい①.JPG
17.5.3憲法のつどい③.JPG
17.5.3憲法のつどい②.JPG
17.5.3憲法のつどい②.JPG
17.5.3憲法のつどい④.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

5・1メーデーでした。 で、5月3日は、総がかり と 憲法のつどい [憲法・九条]

17.5.1メーデー①.JPG
17.5.1メーデー②.JPG
17.5.1メーデー③モナリザの叫び.JPG
17.5.1メーデー④アピールコンテスト.JPG

メーデーの始まりを見ると、
130年前のことなのに、
今でも、8時間労働を!と言わざるを得ないとは・・・。
8時間働いたら帰ろう・全労連.jpg
8時間働いたら  家に帰ろ~


さて、GWだけど、だから、
5月3日(水)静岡市の常磐公園
 10:00~
憲法施行70年 
平和 いのち  人権を守る
総がかり行動

どうぞ


そして、憲法施行70周年記念
憲法を考える市民のつどい

13:30~16:30
あざれあ

 一五一会  会津里花さん


 辺野古 高江のたたかいから
憲法を考える

  上野 郁子 さん
   名護平和委員会事務局長


nice!(0)  コメント(0) 

憲法の下での戦後70年、憲法施行68年  なるほど [憲法・九条]

戦後70年、憲法施行68周年記念憲法を考える市民のつどい

  
が、


静岡県憲法会議の主催で開かれました。


はじめに、静農吹奏楽部の軽快な演奏!
み~んな笑顔で、すごい!
15.5.3憲法を考える市民のつどい静農吹奏楽部①.jpg

アンコールの拍手が鳴り響いて、
大盛況!指揮者の先生も元気でした。
15.5.3憲法を考える市民のつどい静農吹奏楽部②.jpg


林克代表委員のあいさつ
戦後最大の危機!
7/1集団的自衛権行使容認の閣議決定と戦争立法の国会提出の危険、
来年の参院選の後には憲法改正=改悪の具体的日程が、与党、改憲派から出ている。
PKO法案の「駆けつけ警護」の危険性なども語られていました。
同じような事態で、イギリスやカナダ、フランスなど多数の戦死者、
そこではさらに民間人が多数殺されているのに。
テレビでも、アメリカと一緒にと言うが、
アメリカは、尖閣列島などに言及していない。
今、アメリカは日本よりずっと大きく中国との交易を広げている。
日本が中国と戦う時、アメリカが援助するとは思えない、などの指摘がある。
この危険な状況を一緒に学びましょう。
と。
そんなにしゃべって、八法亭みややっこさんは、大丈夫かなあ?
と思いました。
そんな思いは、杞憂でした。
一昨年の5月10日から2年間で77回の土日講演(高座)を行っている
八法亭みややっこさんの話=噺は、1時間半を超えてよどみなく続いたのです。
15.5.3憲法を考える市民のつどい八法亭みややっこ.jpg
つづく

nice!(0)  コメント(0) 

憲法九条 [憲法・九条]

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。


2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

nice!(0)  コメント(1) 

ハァ!?なにその反則技 [憲法・九条]

「解釈改憲?ハァ!?なにその反則技。
私たちは立憲主義も民主主義も手放すつもりはありませんよ声明」

この声明を読みたい方は、
  ↓
http://www.asuno-jiyuu.com/2014/07/blog-post.html



14.6.4ドクダミ.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

自公による集団的自衛権行使容認閣議決定に抗議! [憲法・九条]

(全教談話)
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の強行に抗議する
2014 年7 月1 日
全日本教職員組合(全教)
書記長 今谷 賢二


 多くの国民が「戦争する国づくり」に反対し、「憲法9 条守れ」と声をあげ、国会を包囲するなかで、安倍政権は、本日、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を強行しました。全教は、安倍政権の憲法破壊の暴挙に満身の怒りをこめて抗議します。


 憲法破壊の「閣議決定」がおこなわれても、戦争はしないと誓った日本国憲法の基本原則が変わるわけではありません。閣議決定を具体化する法案審議も、憲法の規定に制約を受けながらすすめられることになります。全教は、一切の「戦争する国づくり」への動きを許さず、憲法の基本原則を守り、いかすとりくみに全力をあげます。


 集団的自衛権の行使は、日本の国を守ることでも、国民の命を守ることでもありません。アフガニスタン報復戦争(2001 年)、イラク侵略戦争(2003 年)のようなアメリカが起こした戦争に、自衛隊が「戦闘地域」まで行って軍事支援をおこなう、アメリカの戦争のために日本の若者の血を流すことを認めることです。昨年末の特定秘密保護法の制定、今春の武器輸出三原則の改悪などとあわせて、日米の軍事的一体化をすすめるものに他なりません。


 「集団的自衛権の行使は、憲法9 条のもとでは許されない」ことは、長年の国会論議を通じて確立された憲法解釈です。この憲法解釈を変えて「海外で戦争する国」への大転換を、国民多数の批判や不安に耳をかさず、国会でのまともな論議もなしに、与党だけの密室協議をつうじて、一内閣の判断で強行するなど、あってはなりません。憲法の尊重擁護義務を課せられる内閣は、憲法を遵守し、憲法に従って行政を執行する責任を有するものであり、「行政権の行使としての解釈変更」など許されません。


 アジア・太平洋戦争では、日本の侵略によりアジア諸国の人々約2000 万人、日本国民約310万人の尊い命が奪われました。この悲惨な体験をふまえて、戦後二度と戦争をしないことを世界に誓ったのが、日本国憲法です。この憲法のもとで、日本の若者は、戦争によって殺されることも、人を殺すこともなく69 年を過ごしてきました。この事実は、学校と教育に希望をもたらし、いのちを大切にする教育実践の基盤となってきました。痛苦の歴史と憲法のもとで歩んできた戦後教育の重みを忘れてはなりません。


 戦後、私たちの先輩たちは、「教え子を再び戦場に送るな」のスローガンを掲げて、憲法をかけがえのない宝物として、すべての子どもの成長と発達を保障する民主教育の実践を積み重ねてきました。私たちは、この願いと歩みを引き継ぎ、子どもたちと平和の大切さ、戦争の悲惨さを語り合い、平和の中でこそ、子どもたちの未来を切りひらくことができると、憲法・子どもの権利条約がいきる学校、教育、社会の実現をめざしてきました。集団的自衛権の行使容認、「戦争する国づくり」への道は、こうした私たちの願いや日々の実践に反するものです。


 安倍政権がすすめる「教育再生」はこの動きと一体のものです。再び子どもたちを戦場に送る道を許してはなりません。


 安倍政権による集団的自衛権の行使容認の動きに、全国各地で厳しい批判の声があがり、「戦争する国」づくりに向けた「暴走」を許さない運動が急速な広がりをみせています。全教は、この国民的なたたかいの発展を確信に、父母・国民のみなさんとの共同をいっそう広げ、憲法原則に反する一切の悪法を許さないたたかいをすすめます。


                                     以 上
nice!(0)  コメント(0) 

憲法を守ろう!安倍「教育再生」止めよう! [憲法・九条]

安倍「教育再生」ストップ、
憲法を守ろう
全国学習交流集会
全教などが主催


大勢の人たちが、
日比谷野外音楽堂に集まりました。
14.3.29全教憲法学習決起集会①.jpg
14.3.29全教憲法学習決起集会②.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ひまわり集会&臨教秋の交流会 [憲法・九条]

11・23ひまわり集会 

静岡市 駿府城公園で

原発再稼働反対 浜岡原発永久停止・廃炉  原発なくそう!

 ひまわり集会に市教組、西部教組の仲間と参加しました。駿府城公園は小春日和のぽかぽか陽気でした。アピールにあった原発再稼働反対、浜岡原発廃炉、原発なくそうのシュプレコールを繰り返しながら七間町街をデモ行進しました。解散後数人で喫茶店でおしゃべり普通のオバサンの会話を楽しみました。


 全教静岡の組合旗を持っていかなかったので、結集できなかったという方は、ごめんなさい。

退職教職員の方々も、県下から複数集まってくださっていました。ご苦労様です。

 

 のぼり旗に中には、

「原発ゼロにしてから死なないと、大人の責任を果たしたことにはならない」

というものもありました。

 集会の電力は、ソーラー発電でまかなえました。

 この前、温暖化対策のCO2削減目標で、原発が稼動できないとCO2も削減できないと後ろ向きの発言をしていた安倍首相には、がっかりです。

 国をあげて、再生可能エネルギーを開発したら、もっと地球にも優しくなるはず。

 浜岡廃炉を、声を大にして呼びかけます。


 その浜岡の現状を、次週12月1日(日)に一緒に見学しませんか。現地で8時半ごろ~12時半くらいの予定です。




臨時教職員 秋の交流会 金山温泉(梅ヶ島)

 
 静岡駅から1時間、金山温泉に来ています。向かう時、県庁前辺りは、右翼と機動隊。ひまわり集会が行われようとしていました。


 冷え冷えしていた金山温泉ですが、高教組の師匠が来たらみんな熱くなりました。なぜって、吹き矢、弓矢、竹笛、パチンコ、竹製品作りと遊びで夢中に♪子どもたちだけでなく、大人のふ~さん、こ~さん、つ~ちゃんは竹笛が上手になりました。子どものよう。一人だけおじさんが、唇が痛くなるほど吹いても音が出ねえ。情けねえ。と嘆いていました。
13.11.23臨教秋の交流会①.jpg
13.11.23臨教秋の交流会②.jpg


子どもたちは、吹き矢が一番楽しかったあ って。

5時のかねが鳴って既に真っ暗。

三重からもはるばるやって来た人もいて。

さあ、これから、バーベキューだ~い。

nice!(0)  コメント(1) 

秘密保護法 絶対 ダメ [憲法・九条]

静岡県弁護士会主催の特定秘密保護法案の学習会に参加しました。


講師は小笠原弁護士。彼女は憲法「改正」問題に関心をもち、その一連の中でこの特定秘密保護法案を位置づけて見たと、非常に詳細な話をされました。(対象が弁護士だったので少々難しかった)


弁護士会では、特定秘密保護法案反対の静岡県での取組が遅れていることに危機感を抱き、今からでもやれることを具体的に挙げながら、みなで、各自でやっていこうという認識で一致しました。

本当にとんでもない法律です。「日本は北朝鮮や中国とは全然違うからあんな風にはならないよ」、「安全保障上秘密にすべきことはあると思うよ」くらいの認識でいたらとんでもない!!

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 憲法・九条 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。